bondoの雑記帖

時々、不定期に何か書きます。
内容的にはスカパラに対する感想(冷兄贔屓気味)と管理人の日常話が半々といったところです。
たまーに管理人の描いたボミョウな絵がなんの断りも無く貼ってあったりもします。
もしよかったらチラ見していってくださいノシ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other

<< RUDE BOY NIGHT参戦しました!! | top | どうせ台風だし、音楽でも聴こうぜ。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.12.24 Thursday | - | - | -

RUDE BOY NIGHT参戦しました

あのオープニングテーマ(曲名失念)が狂おしく鳴り響く中DOBERMAN登場。
いつもの事ながら、出てくると同時にぐちゅうと押しつぶされるような圧迫感がすごい。
全員後ろを向いてスタンバイ。振り返ると同時に「REAP FOR JOY」「アルファベット」
…あかん。久々に観たけどやっぱりめちゃめちゃかっこええ。
客席も始まった途端沸騰してるしさ。ああもうDOBERMANカコイイよDOBERMAN(*´Д`)
OBERMANはおニューの赤いスーツ。吉田さんは渋い緑の縞っぽい奴だったか…。
前の白黒でデザインバラバラのやつスタイリッシュで好きだったけど、こういうのもいいなぁ。
MCにて「今日のスーツはぁー!?」といきなり客席に向かって叫ぶ吉田さん。
「…え〜?…かっこいい?」といまいち足並の揃わない客席に
「ちゃうねん。スーツさらやねん!!」と自らアピール。
そんで「今日のスーツはぁー!?」「さらあぁーー!!」のコール&レスポンスを数回。
大阪はええなぁ。とめちゃめちゃ嬉しそうでした。…素敵や吉田さん。
(あ、さら、というのは大阪で言うところの新品の事です。大丈夫だとは思うのですが念の為)
懐かしい曲を…と「脳天マーガレット」この曲大好きなんで狂喜乱舞でした。
ライブで聴けた喜びに浸る間もなく、ケンジさんがアコーディオンをスタンバイ。
…アコーディオンということは「Bella ciao」なんだろうか、と思いつつも
自分の見たライブではは終盤に来ることが多い曲なので、少し意外な感じでした。
物悲しげな異国の匂いのする旋律を演奏しながらケンジさんがゆっくりと前に。
前奏でジリジリするほどタメた後、一瞬の空白を置いて音が爆発するあの瞬間に向けて
会場全体が息を止めてるような期待感が、すごいライブな感じで高揚します。
でも、間近で見たケンジさんの顔はどう見ても違う世界に逝ってて正直めちゃめちゃ怖かったですorz
あんまり怖すぎて何となく笑ってしまいました。ごめんなさい。
立て続けに「マンネーラ」でラテン炸裂。非常に楽しい祭だワッショイです。
この曲は、ライブverの終わり方のほうがきっぱりしてて好きだなぁ。
うろ覚えの断片ですが、「外は、小雨がぱらついてるみたいやけど…」
「どんな人生にも、雨の日と晴れの日がある」
「…小山の人生にも、晴れの日も雨の日もあった」みたいな感じに
さりげなーく(でもないか)MCで雨絡みの話を振ったら、痛みの雨を越えていけ「RAIN RAIN」
この曲初めて聴いたのはシャングリラでだったかな…。
音源化する前に聴いて、脳に広がる倦んだような夜の重い雨のイメージに
「うおー新曲すげー」と鼻息荒く家に帰ったのを覚えてます。
続けざまの「車掌」と「狂犬」も久々すぎる。かっこええよ(*´∀`)
ZAH-ZAH-ZAH!ツアーとはずいぶん曲目が違ってて、結構昔の曲が多かったなぁ。
締めは朱い太陽。この曲の前奏聴くといつも「ああ、もうお別れやなぁ…」と
後ろ髪引かれてほんのり寂しいような気持ちになるのですが
終わる頃には結局メーター振り切れたかのごとく暴れてしまいます。
今回はトリじゃないのでアンコール無しでしたが、激しく楽しかったです。

スペシャルズの「GHOST TOWN」をバックにARTS登場。
「ONE SHOT GIG」始まり。これはマジで持っていかれます。
初めて生で観たartsは見た目結構普通のおっちゃんというか
会社で実直に仕事してそうな感じの顔ぶれで、それが逆にカッコええな…と不思議な感慨にかられました。
ARTSも今回はおニューのスーツでした。COOL SCATというモッズなお店に
この日の出演者全員衣装を提供してもらったとのことで、嬉しそうにしきりと
「スーツどう?おっさんくさくね?」と客席に問いかける様子が非常に可愛かったです。
ていうか「もう5年ぐらい来てないせいか、大阪ではCDあんまり売れなかったです」て
そんなんぶっちゃけてしまっていいのかしら…。
自分思わず「買うたよー(・∀・)ノシ」とか名乗り上げそうになっちゃったよ。
ARTSの本拠地鹿児島から、アバウト10人位(もっとかも)ここに来てるのにも感動したなぁ。

セトリはこうでした。
2.SLEEP 3.POKER FACE 4.HONEY DANCE 5.SORA 6.READY STEADY GO!
7.JUNKIE TRIP 8.HEY! SKA 9.WALK TO RAY 10.FUNK ON THE STREET
11.CAREER OPPORTUNITIES 12.ALL YOU NEED IS SKA!

HONEY〜の幸せーな空気が未だにすごい印象に残ってます。
本当に会場全体がポワーンと温くて甘い空気になった気がしたんですよ。(*´∀`) イイキョクダナー
あと、繋ぎなしで繰り出されるJUNKIE〜HEISKA!がかっこよかった。
歌うMONさんは渋くてイイ。どこか忘れたけどぐるぐる回るホーンズもイイ。
で、ALLYOU〜の曲終了辺りでBONさんが客席にダイブ。
たくさんの腕の上で寝転がって、ガッツポーズで本編終了を迎えた姿に度肝を抜かれました。
ARTSのライブ初めて観たんだけどいつもこんな感じなのかな…。
自分もBONさん担ぎたかったよ。…あと1メートルほど左だったらなぁ(*´・ω・`)

アンコールには会場から割れんばかりの「GO SKA GO!」コール。
今年一月名古屋のDOBERMANのアンコールが「Beer」合唱だったことを思い出しました。
…何かこういう、バンドにちなんだアンコールっていいなぁ。
再登場するartsのメンバーの後には何と、DOBERMANホーンズとKeyのケンジさん登場。
LOS SKAUTERSメンバーと主催者DJのA,ARAIさん達(「A・RA・I!!」コールがすごかったです)も交えて
「SKAMIKAZE」と代表曲「GO SKA GO!」をセッション。
喉結構きてたけど構わず絶叫しまくりジャンプしまくりました。
BONさんとただの酔っ払いの皮をかぶったスタッフさんまでダイブしてるし。
あーもう何ていうか、足が地についてるのも勿体無いと言わんばかりのすーごい盛り上がりで
自分はあっさり頭に飾ったグラサンが飛びました。割れてなくてヨカタです。
惜しむらくは予定したあった「DOBERMAN SKA」が時間切れ?で見られなかったこと位かな…。
ハコの時間もあるし、ずいぶん前から時間押してたっぽいから仕方ないんだけど
見たかったよー。めちゃめちゃ見たかったよー。絶対かっこいいに違いないのにさぁ。
そんで、帰りにARTSのライブDVDを買って、BONさんMONさんにサイン貰いました。
「今日初めて観ました。楽しかったです。また来て下さい」位しか伝えられませんでしたが
絶対また大阪来てね(*´∀`)ノシここから5年放置はイヤソですよ。
これも楽しみにしてたARAIさんのDJでしばしまったりと寛いでから
生まれたての子馬のような足取りでプルプルと帰宅しました。階段しんどかったです。

仕事を辞めてから案の定軽くヒキーで、ようやく外に出られるようになったかなー…。
というタイミングだったので正直腰はやや重かったのですが、本当行って良かった。
自分の1メートル先で大好きな音楽が…!!というのは、問答無用にいいものです。
後で見たら両膝と腹が痣になってたけど、素敵な夜をありがとうRUDE BOY NIGHT!!
何だか分からないけど朝起きたら無駄にお肌がツヤツヤになってたよ!!

…俺、何だか頑張れそうな気がするんだ。明日面接申し込むんだ。
2007.07.04 Wednesday 23:19 | 好きな音楽 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.12.24 Thursday 23:19 | - | - | -
コメント
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。