bondoの雑記帖

時々、不定期に何か書きます。
内容的にはスカパラに対する感想(冷兄贔屓気味)と管理人の日常話が半々といったところです。
たまーに管理人の描いたボミョウな絵がなんの断りも無く貼ってあったりもします。
もしよかったらチラ見していってくださいノシ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other

<< 近況報告 | top | 好き好きバトン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.12.24 Thursday | - | - | -

第一回 よりぬきひややさん開催レポ

先日ようやくレポートから解放されたので、今さら大猫前の四方山話をうpしてみます。
無駄に長い単なる「冷牟田さんが好きです」文で本当に恐縮ですが、すみません(*´・ω・`*)

えー、この日はサプライズありました。北原先生とエンカウントです。
今回は新野さんと参戦がてら上映会でも…ということで2時に心斎橋で待ち合わせて
いつもはまぁ開場一時間前ぐらいに現地入りなので、ちょっと早いかしら…と
アメ村をブラブラ歩いていたところ、正に大猫前にて前から北原先生が歩いてきたわけです。
あの付近は普段から不思議な格好をした人がよく歩いているのですが
なんかもう、その中をごく普通ーに歩いてきましたね…。
上下黒の動きやすそうな服にtpのケースで、あまりに風景に溶け込んでいたので
「え?あれ??もしや北原先生!?」とちょっとウロが出来てしまいました。
結局再起動した時には「ちょ、前!!北原先生居とる!!なぁ、なぁてちょっと!!」
と順列めちゃくちゃに新野さんに訴えながら大阪のおばちゃんの如くバシバシしばきまくってしまったのですが
もうこれは、思い出すだに申し訳なく恥ずかしいですね。新野さんごめんなさい(*´・ω・`*)
ていうか、恐ろしいことにそのままのテンションで北原先生に凸してしまいました。止まれよ自分。
テンション怪しいピザが走り寄って「あのうっ、きょう。みますコフー((((゚д゚;))))」とか嫌すぐるだろorz
あと、北原先生の声は地声でした。「ああ、…うん」ぐらいの短いやり取りでしたが
いつものハイトーンで脳内固定されてるので、なんていうか、地声だと随分印象が変わって
すごい不思議な感じがしましたね…。この日はライブMCも地声で、自分は初めて見たので
「たまたまなのかしら。それとも体調が何か…」と要らん気をもんだ記憶があります。
その後新野さんはご母堂に、自分はMyrrhaさんにと身近な北原先生スキーの方に携帯で報告。
遠くても「見ましたぞ報告」が出来る人が居るっていうのが無性に嬉しかったです。
スカパラは名前ぐらいしか認知してない身内じゃこのwktkは絶対に判ってもらえないもの。
二年前にはこんな展開はまるで予想していなかったよ…。ネットってすごいなぁ(*´∀`*)

で、北原先生にテンション上がった勢いで「他のメンバーの方もその辺に居ないかしら?」と
色めき立ち、とりあえず加藤さん捕獲作戦を展開するべく新野さんの案内でロックなお店へ。
店のあちこちに「あら、これ冷兄が着てたやつじゃなくて(*゚д゚*)?」なTシャツが散見されて
マジでロックなお店ktkrとwktkしながらパラパラハンガーをめくってると
冷兄がさいたまで着てた例のアッーなTシャツ(微妙に色違い)を発見しました。
ちょwww間近に見ると余計やべぇよこれ!!これでインタビュー写真撮りまくったの冷兄…。
これはもう漢以外の何者でもない。自分はWP付近の記事やら映像を見るたび
「もうこれ、着てみようとした経緯と初見のメンバーの反応がめちゃめちゃ気になるんですけど。
メンバーは止めなかったのかしら。ていうか止められなかったんだろうな…。
ていうかこれ、洗濯するの奥さんなんか色々複雑だろうなぁ」と
やたら「ていうか」を多用した文章で要らん事ばかり考えてしまいます。
お値段はアバウト五千円也。いつもより奮発すればいけるか…?という微妙な値段設定に一冷儲として
「思ったよりは高くないか…。冷兄のロケンローラー魂に準じる為に一丁着てみるべきかしら」と悩んだのですが
いかんせん実家暮らしで性に保守的な両親(共に六十越え)にはあまりにも刺激の強すぎる絵柄のため
こんなもん洗濯に出したら即家族会議勃発だよ…という現実的な問題の前に泣く泣く断念しました。
いつの世も、ロックな生き様と家庭の平和は相容れないものです(´・ω・`)
そんなわけで埋め合わせに新野さんのアドバイスで冷兄が肌身離さず着けてるという腕輪を購入。
基本的に厨時代はライトファンタジーヲタだった名残で、脳内では密かに

bondo は ロックな皮の腕輪を手に入れた!!
「ロケンローラーのきもち」が1 「冷兄に対する燃え」が3 あがった!! ♪テーレッテレー

みたいな果てしなくベタなステータス画面が展開されてました。
…なんかね、腕輪ひとつで強くなった気がするのですよ。四捨五入でもう30だというのに
精神構造がヤクザ映画見終わって必要以上に肩で風切ってるいきったお兄さんとか
修学旅行で木刀買って浮かれてる田舎中学男子と変わりゃしないというね(*´・ω・`*)
新野さんもオサレな南京錠を購入。やっぱり店を出てすぐ装備してお互いロック濃度を上げながら
スカパラでコスプレなんかいいですよねーてな話で盛り上がりました。
以前から色々ライブに行っては「モノトーンのSKAスーツとか一着持ってたらかっこいいんじゃね!?」
と憧れてたので、その手の話題には全力で食いついてしまいます。
あー。自分は非常に恐れ多いけどやるとしたら髪を坊主にして後期の冷兄になりたいかなぁ(*´∀`*)
やっぱりクロムハーツのペンダントと白のドクターマーチン必須だよね。あと髭どうしよ。
サングラスはやっぱ2千円のじゃ駄目だろうなぁ…と結構マジになって考え込んでしまったり。
専らライブはTシャツ参戦なんで、用意しても披露する当ては正直あまりないんだけど
いい年して軽くなりきり属性持ちな自分にはかなり魅力的な妄想でした。

その後アメ横をブラブラ流して、会場近くのネカフェでかねてよりやりたかった上映会を開催。
とりあえず3時間予定で布陣はスカエヴァ、デカメロンプレ最終回、15周年、横アリ。
お互い冷ファンのため、上映前から「冷牟田さん、ああ冷牟田さん冷牟田さん」状態になることは
火を見るより明らかだったので、当初は「まぁ3時間はあるし」と余裕こいてたのですが
見ての通りこのDVDらは曲目が相当捨てがたく、後半一時間はどこをより抜くか相当迷いました。
以下、選り抜きひややさんの感想(というか個人的な萌え燃えポイント)が無駄に長く列挙されます。

・スカエヴァ
とりあえずトップバッターにスカエヴァを選択。
自分は勝手にこのDVDを冷兄の髪型で前半後半に分けているのですが
前半はとにかくabracadaburaの鏡前で踊るホーンズ+ルイのシーンがもう無性に可愛い。全員可愛い(*´∀`*)
あんまり可愛すぎて冷兄のジーンズが折り返しなことにすら萌え狂う始末です。
あと自分が好きなのは誕生日祝い北原先生のシーンなのですが、あれはもう…。
1年前とはいえいい年のオサーンsがハッピーバースデー歌ってケーキプレゼントとか、なにそれ(*´Д`)
これも全員可愛いのですが、チーズケーキを手に「40じゃねーよww」と嬉しがる北原先生と
それを後ろから素な感じの笑顔で見守りつつ拍手してる冷兄がもうほのぼのたまりません。
やっぱり最年長二人は気のせいか独特の雰囲気がありますね…。
メンバーを一言で言い表すシーンで北原先生が冷兄を「頑張り屋さん」と表現してるところとか
正にこう、気負い無く見守る視線というか愛を感じてしまいます。
で、後半は自分の希望で仁義〜スキャラバンを通しで見ることに。
インセプでとにかく無心に手を振ってる冷兄の左手の微妙な固まり加減と
丈の短い服で伸び上がったためにチラリズムな白いシャツとベルトが素敵です(*´∀`*)
この、マオカラーで前全閉じな冷兄のスーツ姿は異色だけど自分はすごく好きです。
全体のシルエットが一直線で、それがなんか寝巻きみたいで幼く見えるのがアンバランスで可愛いとか
その昔隙あらば裸ベストで走り回ってたやんちゃな若冷兄を髣髴とさせるからとか、まぁそんな感じです。

・デカメロン22話
それにしてもメロン日和の冷兄の無言の佇みにはいつ見てもキュンときてしまいます。
自分は「あたし、笛を吹くわ!!(`・ω・´)」の力づくな流れがめちゃめちゃ好きなんだけど
あのすごい勢い怒られてる冷兄の所在無げに下を向いて拗ねた猫みたいな目の表情と
モスグリーンのシャツを同系のズボンでINというおじいちゃんみたいな出で立ちと
注目が微妙にそれたタイミングでそーっと去っていく背中の哀愁が本当にもうやばい。いつ見てもやばい。
ていうかコントとはいえ怒られてる冷兄って相当レアだよなぁ…。いいものみたなぁ(*´Д`)
でも腹筋をする青ちゃんの微妙に硬い感じの生真面目な動きも好きだ。腹筋をする酒屋。
あと、「もう死んだんだよ!」な坊主オッキーも笑顔なのにちょっとにじみ出る狂った感がいい。
そういえばオッキー、音曲では山伏だか修験者だかそんな感じの人だったな…。無駄に似合う。

・15周年
インセプといえば冷儲的にどうしてもアルトソロに注目してしまうのですが、ライブでインセプだと
…ええ。正に瀕死なわけです。俗に言う「HPが黄色」の状態。
CDより1,5倍は展開が速い全くアルトにやさしくない仕様なので仕方ないですが
詩人のMCを総シカトして体力回復してるところがカメラに抜かれててちょっと苦笑してしまったり。
この曲、ライブ頭とは言わないけど前半の方で一度見てみたかったな…。といつも考えてしまいます。

・横アリ
これはBOGGIESとROSIEがね…。大筋では心底かっこいいと思うし純粋に大好きな曲なんだけど
あの日本語なのにもはや半分ヒヤムタ語にしか聞こえないアジがたまらんのですよ。
時々出先を間違ったのか、冒頭に空白が出来てたり次のアジが圧縮されたり
さりげなーく(でもないか)スキップされてたりするのがたまらんのですよ。
そんで、あの大舞台でいきなり歌詞に詰まって一瞬黙り込むところがたまらんのですよ(*´Д`)
そこまでは上々にドスの利いて、チバ氏とがっつり絡んでいたりして本気で燃えるシーンなだけに
「うわぁやっぱり一分の隙が出来てしまうのは宿命なんだなぁ…」と
なんかこう、半笑いが止まらなくなってしまいます。ほんのささいな事なんだけど
自分は冷兄のこういう瞬間にものすごく弱いです。大好きです(*´・ω・`*)

あと、本当はラストにPFツアー最終のギター兄弟プチ神輿を持ってこようと思ったのですが
DVD−RAMのせいかCPRM仕様のせいかPCでは再生できず涙を呑みました。
あのプチ神輿はでも本当よかったなぁ…。ホーンズ神輿を振り切ってまで冷兄に走り寄る
嬉しそうな加藤さんと、それをやっぱりちょっと嬉しそうに迎え撃つ冷兄がね…(*´Д`)
お互い家では何度も巻き戻して見ていたシーンだけに共有できなかったのは残念しきりです。

てなわけで「ドキッ!!ひややだらけの上映会」は無事幕を閉じました。お腹いっぱいです。
自分はかねてより、人はなぜ連れ立って映画を見に行くのかがよく分からなかったのですが
そうかこれだったのかとこの日心から腑に落ちました。
単純に、好きなものを同好の士の方と共有するとひたすら楽しいって事を今さら痛感するなんて
文字にすると恐ろしく馬鹿みたいですが、正にそんな感じです。
新野さんとはお互い見ているポイントがかなり近くて「(作品名)の(曲名)がさぁ…」
という前フリだけで言わんとした事がほぼ通じるのがすごい嬉しくて気持ちよくて
「ああ。…新野さんを家に連れ帰って一日ひやや耐久レース強行してぇ。部屋さえきれいならなぁ」と
ものすごく危険なことを考えてたのは秘密です。新野さんごめんなさい(*´・ω・`*)
JUGEMテーマ:日記・一般


2009.04.05 Sunday 22:44 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.12.24 Thursday 22:44 | - | - | -
コメント
新野  at 2009.04.06 Mon 03:33
ほんと楽しかったですよね!姫路城の時にでもまた上映会出来ませんかねー。

スカパラコス、マジやりましょうか。
さすがにあの色のスーツは高い(奇抜だから売ってないし)と思うので、コス衣装製作サークルさんに頼むとかしたら少しは安くなりそうな気がします。
マーチンとクロムハーツは馬鹿高いので、似てる形の安価なもので代用出来ませんかね。コス以外でも使うんならいいかもしれませんが(´∀`)


一日ひやや耐久レース、やりたいっすね!
持って帰って下さったら良かったのに!
bondo  at 2009.04.07 Tue 22:40
姫路、本当やりましょうか?>上映会
次は何もって行きましょうね(*´∀`*)

コス衣装製作サークルなんてあるのですか。初耳です(*゚д゚*)
…いや、マジで楽しそうなんですもの。ライブ会場に来ていくのはなんか怖いですが
冬の帝都もしくは大阪の祭典だったら、気候的にも何とか着ていっておkでしょうしね。

確かに今お値段見たら目玉が出ました<マーチンとクロムハーツ
普段ユニクロ服でほぼ無名のスニーカーオンリーな自分には天文学的に過ぎますorz
マーチンはもう、それっぽい型の白いやつを試着の上で手を打つ方向にしたものの
クロムハーツがかなり難易度高いですね。ああもうどうしたものかorz
かといって冷兄で普段着コスじゃ何やってるんだかさっぱり判らないしなぁ…。

本当めちゃめちゃお持ち帰りたかったのですが、部屋にちょっとアレな本とかが散乱していたのでorz
やっぱり「部屋はいつもきれいにしなさい」というオカンの言葉は正しかったですね(´・ω・`)
ライブ抜きに純粋に泊まりに来て、とお誘いするには微妙すぎる距離と周りの何もなさがネックですが
本当いつか是非、ひややに始まりひややに終わる一日を新野さんと過ごしてみたいものです。
お開き頃にはさぞかしお互いロケンローラーくさくなっていることでしょうね…。
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。