bondoの雑記帖

時々、不定期に何か書きます。
内容的にはスカパラに対する感想(冷兄贔屓気味)と管理人の日常話が半々といったところです。
たまーに管理人の描いたボミョウな絵がなんの断りも無く貼ってあったりもします。
もしよかったらチラ見していってくださいノシ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other

<< MUSICA再び | top | たまには健康に気を配ってみる。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.12.24 Thursday | - | - | -

生誕祭!!

今日は冷兄の47回目の誕生日ですね。本当に、本当におめでとうございます(*´∀`)

冷兄からスカパラにはまって何ともう3年あまりが経ってしまいました。
なんか、なんていうか夏の事変から最近まで正直どこかずっと茫然としっぱなだったので
「早いなぁ…」としつつもやっぱりageカテゴリ一1曲目は
ガンスリフィルム〜テキーラのギター兄弟コンボのままだし
未だに映像観たり冷兄の絵を描く時は無駄にモジモジしまくったりで
どうしても冷兄が一番好きです(*´・ω・`*)
自分はしがないダメ人間ですが、今まで冷兄にもらった燃えと萌えを思うと、やっぱりどうしても
もしも足が治って、冷兄が納得いく形で帰って来てくれるなら
その時には、ちゃんと前向いて抜かりなく駆け付けられるようにしようと
その気持ちを支えに、ダメなりの矜持を持って生きて行こうと思ってしまいます。
ここまで来るとなんかもう、存在自体がお天道様みたいなもんで
DISCOを聴く度に「正に冷兄が自分のシャイニンビーナスなんだよなぁ…」と感慨に耽ってしまいますね…。
ただの1ファンとして今は「穏やかな幸せ」を祈るだけしかできないのが歯がゆいですが
本当に心からそれだけを祈っています。冷兄大好き。

そして、自分にも沢山の祝福の気持ちと素敵なものをありがとうございました。自分は正に幸せ者です(*´Д`*)
『これも皆、冷兄が導いてくれたSKA友さんなんだよなあ…。しかも今日JUSTA TVだし』
とか思うと、もう本当全方向に感謝の気持ちでいっぱいです。
実はまた性懲りもなくボミョウな絵をwktkうpしようと思ってたのですが
何故かPCがどう足掻いてもネットに繋がらずで
正に「うわあああぁぁ(AA略)」な状態ですが、今日は本当にありがとうございました。
バレンタイン?そんなものは見えやしねー(゚Д゚)、
2009.02.14 Saturday 21:47 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2009.12.24 Thursday 21:47 | - | - | -
コメント
クード  at 2009.02.18 Wed 20:18
冷兄の誕生日が過ぎたので、bondoさんの絵を楽しみにワクワク覗かせて頂きました。
パソコン調子が悪いんですね。ザンネン!楽しみに待っておりま〜す。
新譜はフライングで3日に手に入れたのですが、9人のスカパラを直視するのになかなか踏ん切りがつかず、
「すごく良かったらどうしよう」「冷兄アジがなくて、でも全然平気でこっちのが良いと自分が感じたらどうしよう…」
などとりとめなく考え、やっとつい最近聞きました。
ウダウダせずに早く聞けば良かった…。冷兄アジが無くて淋しいのは当たり前だし、
それでも体はゴキゲンに揺れておりました。良かった。
長文失礼しました。冷兄穏やかに暮らしているかな…
bondo  at 2009.02.20 Fri 17:38
>クードさん

まぁ!!わざわざいらして下さってありがとうございます(*゚д゚*)
どうも、自分のPC本体ではなく一階に接続してあるモデムが接続切れてただけのようで
今はちゃんとネットに繋がっております。携帯から長文打つのに不慣れなのでホッとしました。
非常に遅まきながら冷兄生誕祭絵をwktk描き始めたものの
どうにも描ける物体と構図と色使いのストックが少なすぎて
「…これじゃぁ前に描いた絵と同じパターンだよorz」と描いては消しの状態ですが
拙い上に不定期で誠に恐縮ですが、見てくださる方が居るのはとても励みになります。
冷兄のあの隠れた可愛さを的確に表現できるようにもっと上手くなりたいです。

自分もアルバムを入手したものの、クードさんと同じ心境で聴くのにかなり躊躇いがありましたね…。
冷兄の声と、彼の作る曲が一番好きだった自分としては確かに寂しいけれど、
冷兄へのリスペクトと餞とに満ちた(ような気がしてる)このアルバムをゆっくり好きになれそうですよ。
冷兄の「いつかまた自分達の前にに立つことを目標に治療を頑張る、音楽を続ける」という誓いを信じて
今はただ穏やかな優しい日々を送っていることだけを祈っています。
20周年ライブ、せめて顔だけでも見せに来てくれたら嬉しいですよね…。
コメントする











トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。