bondoの雑記帖

時々、不定期に何か書きます。
内容的にはスカパラに対する感想(冷兄贔屓気味)と管理人の日常話が半々といったところです。
たまーに管理人の描いたボミョウな絵がなんの断りも無く貼ってあったりもします。
もしよかったらチラ見していってくださいノシ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Profile

Category

Archives

Links

RECOMMEND

Comment

Trackback

Other

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.12.24 Thursday | - | - | -

KinouKyouAshita 感想

先日KinouKyouAshitaを会場で買いますた。そして聴いています。

・KinouKyouAshita
今のところ「まぁ…普通。かな」という印象です。
基本的に欣ちゃんの歌ものは嫌いじゃないんで、ごく個人的な好みの話になるんだけど、もうちょっとだけキーが高くて明るめの曲調のほうが似合うような気がする。
でも前のRoutine Meiodiesも聴き始めに「まぁ普通かな…。ていうか詩人っぽくないなー」と言い張っておいて、今ウォークマンのお気に入り100曲カテに入れるほど好きになってるから、この曲も後で「…あれ?これいいじゃん(*゚д゚*)」てなるかもしれません。
ていうか、今これ書きもって何度かリピートしてるうちになんか悪くない感じになってきました。
どうでもいい話で恐縮ですが「君の後ろに何億人も」の部分で自分はどうしても「背後霊山積み。しかも全員笑顔」な画像が脳内に浮かんできて困りますorz
そういうことを言いたいんじゃないのは判ってるんだけど、「君の前に 光が見える」のとこと組で連想してしまうとなんか「…ご先祖様っ」みたいな仏教涅槃っぽい気持ちになるんだよなぁ(´・ω・`)

・Give Me Back My Ball
この曲はライブで初めて聴きました。全くの初めてなのに最初っからテンションダダ上がりです。
それにしてもこれ作曲GAMOさんなんだな…。意外だ。
ボール絡みならつよさんだろーと勝手に思ってたのもあるけど、なんか勝手にGAMOさん=謎アダルティーなイメージあったんで、こんながっつり踊り狂う感じの曲はなんていうかびっくりだ。
ていうかこの曲でPV作ってほしかったなー。メンバー全員小ネタ炸裂早回し巻き戻し大活用のいかにもガチャガチャしたのが出来そうですごい楽しそうだ(´ω`)

・愛の賛歌
…いいなぁ。すごいいいなぁ。
自分はライブで初めて見たんだけど何も判らないまま持っていかれました。掴み上等杉
ドラムで切り込んできてあの異様にヒキのあるイントロの部分が来てつよさんのタイトルコール…の流れが気持ちよすぎて気がつくとよく一時間リピートしています。これマジで中毒性あるなぁ。
それにしてもカバー提案したのは誰なんだろう。普通に詩人あたりな気がするけど、それはあまりにもベタかな…。

・トーキョースカメドレー
SHOT IN THE DARK
これもうスカパラカバー代表作でいいだろ。みたいな。
この曲はスカパラだけでも色んなverがありますが、その時その時のバンドのカラーがよく出てて、どれも甲乙つけがたいぐらい好きですね…。ここ数年はこんな感じですが初期のうさんくさ全開のも好きだ。

SKA JARK
欣ちゃん別ベクトルに頑張りすぎだよ…。ライブ会場で聴いたときはそうでもなかった気がするんだけどな。
残念ながら原曲を知らず、チバver→ルイver→欣ちゃんverでしか聴いたことないんだけど前二人の歌い方からすると、原曲も粘って濁った感じに歌うのがスタンダードなんでしょうか?
もういっそのこといつもの歌い方で突っ切って、異様にぬくくて爽やかな欣ジャークというのもまた別の切り口っぽくて乙かと思いますがどうか。まぁどうかってのもないか。

JAMAICA SKA
この底抜けに明るくていかにも「今からパーティ始まります><」な予告編感が好きです。
ジャークからの繋ぎの、唐突に花が咲いたように始まるところがいい。
原曲はよくスカパラライブの待ち時間で掛かってるけど、だいぶイメージは違いますね。

Lucky Seven
これも昔からのカバーだけど、見たのはあのツアーが初めてだったかな…。
全体的になんか幸せな気分になるので好きです。

ONE STEP BEYONDO
この曲はマッドネスの原曲もすごい好きでいつかスカパラで見たいと思ってただけに、ライブでやってしかもCD化というだけでもう感無量です。
メイン吹いてるのってこれ詩人かな…。あんまライブの様子を覚えてないんだでウロだけど、ここから段々他の楽器がかぶさってユニゾンになってくる展開がベタだけどテンション上がるなぁ。

普段はあまりシングルを買わないのですがこれは本当お買い得でした。
28分という太っ腹な録音時間をさておいても好きな曲ばっかりだったし、別に回し者ではありませんが本当「買ってよかったなー(*´ω`*)」と思いましたね…。今度のアルバムもwktk期待してます。


あと遅まきながらチームおとめ座を祝ってみました。
三人とも9月生まれなのでめちゃめちゃ今更感がありますね。
JUGEMテーマ:音楽


続きを読む >>
2009.10.12 Monday 14:17 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(34) | trackbacks(0)

秋冬ライブに対する個人的な悶々です。

…おおぅ。近畿圏10月ライブは週4とな。いつもながらこれはタイトだ。
今度の職場は月に2日休みが自分で決められるっぽいけど、どこに割り振ろうか迷うなぁ…。
10月でまだシフトが日勤帯オンリーなら、最大神戸奈良で休み貰って仕事上がりになんば参戦出来そうだけど
こればっかりはまだ働いてもないだけにまだ判らないや。体力の見極めもあるし
最悪の話、10月まで保たない恐れも絶対無いとは言えないことだしね…orz

…いや。試合開始前から閉店ガラガラみたいな縁起悪い事はあまり考えるべきではないな。
何にせよ神戸と、大阪のどっちか一日だけは絶対押さえる方向で行こう。そんな感じ。

ああしかし12月もなぁ…。冬祭り日帰りはさすがに辛いものがあるんで2日は使いたいが
多分20周年締めにやるだろうでかいライブは12月中だろうし出来たら滋賀も行きたいし
あと冷兄が福岡で暮れにDJやるとの話も気になるんだよね…。楽しみなだけに又裂き状態過ぎて悩むわぁ(´・ω・`)
2009.07.10 Friday 16:05 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(2) | trackbacks(0)

こんなに嬉しいこと、現時点では他にない。

もう、アレです。こんな辺境ブログで叫んでも誰も見てないとは思うのですが
6月27日に冷兄が福岡でDJをやるのですよ。
チケットのイベント名にちゃんと「冷牟田竜之」って書いてるのですよ。
ローソンでチケットを売っているのですよ。本当なのですよ(*´Д`)
自分は今朝SKA友さんのメールと日記でその件を教えてもらい、本当目が飛び出ました。

「お金がありません(´・ω・`)」?
「自分眠たがりなんですよ…(´・ω・`)」?
「九州って遠いよねー(´・ω・`)」?

全くその通りだがそんなものは見えやしねー!!
俺は自分の幸せを追求すべく九州に行くぜ!!デストローイ(屮ΦДΦ)屮 !!!

とりあえず髪を染めよう。そんで服とかはちょっと買えないんでせめて髪を切ろう。あとジムもさぼらないぞ。
まぁどっちにしてもいつものちょいDQNな和柄しかないのだし、髪をちょっと新調したところで
基本的に地味喪丸出しなので本当屁のつっぱりでしかないことは分かり切ってるんだけど
好きな人に一目でも会うんだったらちょっとでも小マシな格好で目の前に居たいこの乙女心(*´Д`)
今非常に気持ち悪いテンションで申し訳ないのですが、一年ぶりなのでどうか許してください。
冷兄に会えるってこともさることながら、冷兄が音楽のステージに帰ってきたこと自体が
とにかく嬉しくてたまりません。本当に大げさだけど生きててよかった。死ななくてよかった。
一年前のあの日以来「いつか近い未来に絶対帰ってくる」とは確信し続けてはいたのですが
いざそうなってみると本当に現実感がありません。この一年が長かったのか短かったのか
なんかそれすらもあやふやですごい変な感覚ですが、wktk27日を待っています。

…ああー、冷兄元気かなぁ。
衝撃でかすぎてなんかチケット予約したのに未だに嘘みたいだよ。
JUGEMテーマ:音楽


2009.06.02 Tuesday 22:27 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(3) | trackbacks(0)

ZEPP FUKUOKA

先日はちょっと博多に行ってまいりました(*´∀`*)ノシ
セトリはあんま自信ないけど大阪と一緒かな…。
また無駄に長くなりそうなんで、印象に残ったところをとりあえず走り書きします。

PBイントロからさよならワルツ、ルパン、アスリート 詩人MC
天国扉、疾風、真夜中 ここからカバーのメドレーでSHOT、jeak、JAMAIKASKA、7、beyond
コブラ、灼熱、太陽、欣ちゃんMC ルーティン、砂糖、 
そばにいて、ステディ、ライオン、加藤祭、楽園青

なんだろう。カバー以降がちょっと、特に3行目がものすごく不確定なんで
「ああ、こんな感じの曲目なのね」位のアバウトさで見て頂けるとありがたいです。
…ていうか、この日はすごい待たされたなぁ。機材の調整とかで40分ぐらい入場が押したのですが
あの辺りは全国的に冷え込む天気だったんであれは本当辛かったorz
gkblしながら「せめて入場だけでも…」と思ったんだけど、何だろうねぇ。大人の事情かしら。
ECがタングスとユルネバそしてスキャミーだったんだけど
同じセトリと思われる大阪ではタングスやってなかったんでこれは事によると
「待たせてごめん(;´・ω・`)」的なサービスだったのかもしれません。

・オープニング
まぁそれはさておき、本編入ります。ステージは白い幕で覆われて
開演まで完全に中が見えない状態で、オープニングテーマとともに浮かび上がる
「welcome to PARADISE blue tour」の文字が伸び縮みして煽ってくれます。
シンプルな仕掛けだけどこれ、間近でみるとほんとうかっこいいよ(*´Д`*)
自分はまだあのオープニングに慣れてないもんだから、いつ位にメンバー登場なのかわからなくて
より一層いつ出てくるのかしらとwktkを誘われました。
それにしてもこの、PBとみせかけてさよならワルツはすごい勢いで引っかかったなぁ…。
大猫では灼熱始まりだったんで「…おお?今日はゆっくり上げていくパターンかしら」と
何ていうかそういう心積もりだったところに、いきなり前に全開になってる加藤がバーン、みたいな。

で、その冒頭の幕がじつは最後の一つだけ止め具が外れずにしばらくブラーンと垂れ残っててたんだけど
詩人MCはそれに絡めてやたら当時時事ネタだった草薙全裸について語っていました。
「(冒頭の幕を指して)あの幕みたいに、一枚残ってたらよかったんだけどね」みたいな。
…時事ネタとはいえなんだかなぁ(*´・ω・`*)

・ルパン三世
今回のはオッキーの新兵器の小型キーボードが炸裂。自分的に初お目見え。
いつも抱きかかえては医者に禁止令が出てるらしいアレの半分ぐらいの小さいキーボードに
でもちゃんとお揃いの豹皮が張ってあるのですが、これがまた非常に可愛らしいです(*´∀`*)
従来のでかいキーボード抱えて狂った笑顔でやってくるオッキーもすごい神がかってて素敵ですが
やっぱり腰とか色々心配になるので、心置きなくオッキーをガン見出来るこの仕様は嬉しいです。

・HEAVEN'S DOOR〜真夜中の奇跡
天国扉でメンバーが一列になってソロ回しをするのもすごい可愛かったんだけど
疾風で加藤がやたらめったらクネクネしてたのが印象的でした。
何ていうか前に後ろに折れるようにペッコンペッコンしながらギター弾いててね…。
大昔に流行ったフラワーロックの(って、あんま若い子は知らないかもしれないけど)
しかもちょっと年季はいって動きがいやに唐突なやつみたいな、そんな動き。
あと、真夜中ラスト近くでは珍しく北原先生がちょっとしたミスをしてたな…。
ラストの締めの、シーンとなるべきところでところで何故か一人
「…ぽふー」みたいに音が鳴ってしまって、めちゃめちゃ気まずそうな顔をしてたのが印象的でした。
…北原先生でもそういうことがあるんだなぁ。なんかレアなものを見ました。

そして今回のツアーで密かに楽しみにしてたカバーのメドレーがもうね(*´Д`)
自分は今ツアーで初めてSHOTとBEYONDOをみたんだけど、あまりアレンジの入ってない
ごくシンプルな展開でそれが逆にストレートにかっこいいな…と思ったのです。
そういえば自分が見た、現時点では最初で最後のtabooで冷兄がbeyondoかけてたなぁ。
あの時も確か冷兄はモスグリーンだった気がする。そんで「おれ今日本当楽しかった」って
ぺこりと頭を下げたのを自分は睡魔に襲われながらニヤニヤ拍手してたんだったかな。(どうでもいいです)
あとjeakは個人的に横浜DVDでのチバの、どこかやさぐれた八方破れ感のある歌声が印象強かったので
一番初めに大猫で聞いたときには「欣ちゃん!?欣ちゃんなの(*゚д゚*)」とかなり衝撃的でした。
でも欣ちゃんの、圧倒的に健全かつ白昼堂々な歌いっぷりもけっこう好きだ。
JAMAICASKAは、詳しく知らないけど前からよく開演前に流れてるあれかな…。
スカパラverのは何ていうか「これからパーティーが始まるぜ!!楽しんでくれよな!!」てな
明るさと押し出しの強さがあって随分と印象が違うんだけど、このアレンジはすごくいいと思う。
原曲のかっこよさもさることながら、やっぱりスカパラのカバーは外れがないよな…。

・太陽にお願い
とにかくもう、欣ちゃんの「…太陽に、太陽に、おねが〜〜〜い」という
ものすごくまんまなオープニングに「そうきたかΣ(゚д゚;)」と驚愕しました。
欣ちゃん頑張れ。超頑張れ。

・Sugar Fountain
詩人が珍しくソロで頑張ってる曲です。鳥のSE始まりで最初は新曲かと思いました。
自分は初めてストレートアルトを見たのですが、あれは長いですね…。
ごく普通のアルトを詩人が持ったら何だか小さすぎて玩具に見えそうな気もするので
あえてストレートにしたのかしら。今さらですが詩人、でかい楽器を持った立ち姿だけは
有無を言わさないかっこよさがあるんだよなー…という事を再確認してみたり。

・そばにいて黙るとき
音源では何とか「…ああ、いい曲だよ。沁みるなぁ」くらいで留まれるのですが
やっぱりライブだとこの曲は危険ですね。この曲は自分では勝手にメンバー(代表詩人)→冷兄の
万感の思いをこめた曲認識しているので、特に「遠くはなれてる時も〜」以降の歌詞と
オッキーのラストのピアノソロはもう正に揺さぶり地獄です。
さっきまで「キュワァァァ(*゚∀゚*)ノシ」みたいなノリで踊り狂ってたやつが
いきなり唇真一文字になってプルプルステージ凝視してるのとか、客観的にみるとなんかすごい
「…うわぁ、盛下がるぅ」という気もしますが、どうにも止まりませんでした。
先月の大猫で遠目に見た詩人が今にも泣きそうな顔でしきりに上向いてたり
ものすごく落ち着かない様子だったのを見て以来、何となく詩人の方ばかり見てしまいますが
ていうか詩人、作詞担当のくせにセルフでそんな泣きそうな顔するなよなぁ…。
そんなんされたら我慢できなくなるじゃないの。もういっぱいいっぱいです。

・加藤祭り
加藤祭りでは張り出しでホーンズ4と加藤が神輿になってました。
例のごとく北原先生が執拗に加藤の足の間を狙い撃ちしてたんだけど、今回はなんか
いつもの1,5割り増しぐらいねちっこく狙ってる気がしましたね…。
そのせいだか何なんだか、ちょっと目を離した隙にどうやらtbのスライドの部分が外れてしまったらしく
ちょっと間ガチャガチャいじってました。…ああもう。いらんことしてるから(;´・ω・`)

・詩人MC〜メンバー紹介
また草薙全裸の件に触れてたかな…。
どっちかというと「やっちゃったか。気の毒だなー」みたいなニュアンスで喋ってたので
酒癖つながりでやっぱり何か他人事じゃないものがあったのかしらと笑ってると
これ秘密にしてね的なジェスチャーで「俺も実はやったことあるんだけどね」とさらりと爆弾発言。
…いやいやいや!!完全に想定範囲内とはいえそんな暴露別にいらんがな。困るがな(・´ω`・)
詩人、色々小耳には挟んでたけど本っ当にベタな酒癖の悪さを発揮するよなぁ…。
それにしても全裸で騒ぐ詩人は想像するだに暑苦しそうだorz<オナカイッパイデス

メンバー紹介では北原先生が連日の酷使による声変わりの件について少々。
さーて次はGAMOさんかな。今回はどんなトークが飛び出すのやらとwktkしてると
あろう事か詩人が「トロンボーン、北原雅彦!!」…と。 ΣΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!!
何ていうかあまりにも自信満々な口ぶりだったので自分が何か間違ってるような気もしたのですが
しかし会場がポカーンとする間もなく北原先生「えー、どうも…って、さっき言ったよ!!」
…ちょwwwノリ突っ込み!!ノリ突っ込みktkr!!しかもちょっとハイトーン復活してるΣ(゚д゚;)
詩人はあからさまに「やっちまったなー」みたいな顔でうわーってなってましたが
それを受けたGAMOさんはTbの吹き真似で登場。なんだこの妙に息の合ったコンボ。
…もうこれマジで冷兄に見せたかったなぁ。きっとすごいツボ入ってプルプルするに違いないよ。
ていうか事によると、紹介順的に詩人にボソリと、しかも容赦なく突っ込む冷兄が見られたかな…。
と、何とはなしエア牟田さんに思いを馳せる瞬間でした。
というか、この件のせいで他のメンバーのMCが飛びました。すみませんです。

あとこれは曲目関係ないんだけど、いつの間にか課長になってたナゴさんに改めて度肝を抜かれました。
一応情報は集めていたのですが、ずいぶん長い間微妙に体感時間が止まってたので
マジで今「…あれ?この前まであなた王子様でしたよね?」という気持ちでいっぱいです。
自分は今まで所謂デスクワークを全く経験していないので、本とかTVでの知識しかありませんが
なんていうか、営業というよりは庶務課とか人事課っぽい佇まいだなぁ…。
客席に得意げに指をさす仕草とか、女子社員に「キミ」とか言ってる感あるよなーとか
ナゴさんの新たな一面にしみじみ驚愕しました。でも課長なナゴさんも好きです(*´∀`*)

あと全然関係ありませんが、またちょっと描いてみたのでうpしてみました。下をクリックで開きますが
今回は2chのTMGEAAスレ絡みの絵で結構やっちまったので、本当駄目な人は申し訳ありません。
続きを読む >>
2009.05.07 Thursday 00:33 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(4) | trackbacks(0)

ZEPP OSAKA

先日のOSAKAの感想文を書いていたのですが、またいやに長くなりそうなので
とりあえず印象深かった曲などをピンポイントで走り書きしてみます。
セトリは多分、アンコール以外福岡と一緒かな…。普通に自信がないけどこんな感じ。

PBイントロからさよならワルツ、ルパン、アスリート 詩人MC
天国扉、疾風、真夜中 ここからカバーのメドレーでSHOT、jeak、JAMAIKASKA、7、beyond
コブラ、灼熱、太陽、砂糖、欣ちゃんMC ルーティン、そばにいて、ステディ、ライオン、加藤祭、楽園青

今回は仕事帰り参戦で、まぁ色々あって随分時間が押してしまったのですが
前回すごい待たされただけについ「まー今回も待ちだろ」と、暢気こいて18時過ぎに駅から新野さんに
「今ドコー?(´∀`)」とメールを送ってると「もう入りましたよ」と返事が来て目が飛び出ました。
慌てて走っていったのですが、既に番号は100番ほど越えられていて
思わず「謀られた…ッ」と項垂れましたね。…いや、これが正しいんだけどさ。
今回はかなり人が入った状態だったので、入り口前詩人側のスピーカー前で参戦。

・詩人MC
スカジャンボリーについてだったかな…。
プロアマ問わず募集中です。自薦他薦問わないんでという流れで
「この中でスカバンドやってる人居る?」と会場に振るも、…シーン。詩人(´・ω・`)ショボーン
…ああ。盛り上げてみたいのは山々だけど自分、何一つ楽器も出来ないし歌下手だしなぁ。
と不必要に挙動不審になっていると、チラホラ手が上がって何とかオチがつきました。

・HEAVENS DOOR〜疾風の剣
疾風ではやっぱり加藤がペッコンペッコンしているなぁ…とついそっちばかりガン見。
と、おもむろに階段を降りてきたー(゚д゚;)!! そして回りだしたーΣ(゚д゚;)!!
こうね、ギター抱えて腰を低くした姿勢でさながらネズミ花火みたいにクルンクルン回転してるわけですよ。
ああ。そういえば加藤は回るんだよなぁ…。自分は久々に回る加藤を見たような気がします。
あと天国扉でGAMOさんが「SKAしようぜ!!」と言ってたな…。
あんまり記憶が無いけど福岡ではなかった気がする。
何にせよGAMOさんに言われたら「やりますッ(*゚д゚*)」と全力肯定するほかない。

・ONE EYED COBRA
赤い照明で勝ち誇る加藤を、後ろからガッツポーズで応援してるオッキーが非常に可愛かったです。
位置的に結構オッキーを目で追ってしまうのですが、よーく見てると時々狂った笑顔を通り越して
目が四角になってる時があって「…今日の沖さんは神がかっているなぁ」と
よく分からないポイントで説得されてしまいました。

・灼熱のジャズの如く
GAMOさんがまた右に左に練り歩いてくれたんだけどその時に
「みんなの熱い声で、沖のピアノが火を吹くぜ!!」みたいなことを言ったのに
なんかこんな(*゚д゚*)顔になりましたね…。あの声でそんなんいわれたらもう言う事を聞かざるをえないです。
この「〜ぜ」口調をいかに説得力を持ってナチュラルに似合うように喋るかって
意外に難しい気がするんだけどさすがGAMOさん。そこに痺れる憧れるゥ(*´Д`*)
あと、みんなの熱い声で云々という台詞回しに勝手にエア牟田さんを見てグッと来ました。
冷兄よりはずっと流暢だけど、二回繰り返すところがそれっぽくてちょっと嬉しいんだよね…。
GAMOさんありがとう。本当ありがとう。

・欣ちゃんMC
途中で異様にねばくていい英語で「オォ〜〜ルナイト、ロングぅ」
と言われてしまったために記憶が全部飛びましたorz
あと全然関係ないけど欣ちゃんMC開始前に、後列3人が全員一斉に客席に背中向けて
水飲んでるのが妙にツボにはまりました。

・すでにステディ
自分はこの、張り出し四隅のホーンズがゆっくり位置を変えて回転するあの編成がすごい好きです。
照明の効果もあって、ゆらゆら動く楽器の先がサーチライトを先導するような
というかホーンズ自体が客席を照らす灯台のような、ちょっと幻想的な光景に見えて
「まぁ…っ。これは正にメリーゴーランド(*゚д゚*)」と、違う世界に飛びそうになってしまいますが
でも、そんなん真顔で話すのは恥ずかしいので心の中で「オサーン回転寿司状態」と呼び直すことにします。

・詩人MC〜メンバー紹介
「SKAっていい奴っぽいよね」
「ロックフェスも出れるし、編成がジャズっぽいからジャズフェスも出れるしいいよね」みたいな。
あとお母さんに「よくずっとSKAやってて飽きないわね」と言われたそうで
「飽きないんだよ!!」となんかすごい嬉しそうにしてたのがちょっと可愛かったです。
今回はごくノーマルに終了。…この中一日のうちに何があったのかしら。
まぁ単に飽きたんだろうけど、メンバーに駄目出しされたとか…?と色々要らん事を考えてみたり。

川上さんは博多に引き続きユルネバタオルに自分Tで登場。
やっぱりユルネバについてのMC。「お前は一人じゃないぜ!!」
はじめちゃんはいつもどおり微妙に投げやりっぽい販促。今回は踊れTだったかな…どうだったか。
何よりオッキーが「もう四半世紀バンドをやってきたけど今夜が一番よかった」
と言ってくれたのがね…。そのあまりの時間の奥行きに「いいんですか?…本当にいいんですか?」と
すごい一人で勝手にドキドキしてしまったけど、嬉しかったなぁ(*´Д`*)

ナゴさんは初っ端から「課長眼鏡が板についてきました」と
あとなんだろう。「ナーゴです(くりっ)…ナーゴです(くりっ)……ナーゴです」
(くりっ)の部分で小刻みに得意げな顔こっちを振り返るんだけど、その仕草は王子でもなく課長でもなく
なんか途方もなく別のものに見えるのですが自分にはそれがなんだかよく分かりません。
以前から兆候はありましたが、ナゴさんは一体どこに行ってしまうのでしょうか。

北原先生はまたしても低音ver。「ハウンドドッグの○○(聞き取れず)さんみたいになってしまって…。
ある意味憧れてたんだけど、やっぱりちょっと自分じゃないみたいですね」とMCしてました。
自分はこのツアーは3回参戦したのですが、オール北原先生が低音verという巡り会わせで
ある意味レアなものを見たという気もするのですが、本当喉は大丈夫なのかしらと心配になります。
やっぱり声で大分印象って変わるもんだなぁ…。喉を酷使してしんどい人に言うのもなんですが
いつもより男くさいというか正直ちょっと怖いというか、妙に落ち着かない気持ちになりました。
あまり無理しないで、今度の姫路ではいつものハイトーンを響かせて欲しいものです。

GAMOさんはどんなきっかけだったか「見た目、大阪っぽいんだけどねー」と。
…よ、吉本ですか?吉本なんですか(゚д゚;)
確かに時々そっちの領域に入ってることは否定できないです。GAMOさん、髪型番長だからなぁ。
まぁ自分はGAMOさんのそういう変幻自由ところが好きなのですが。
あと、ラストに何と加藤が客席にダイブ。…テンション、上がってたのかしら(*゚д゚*)
端の方でよく見えなかったのが悔やまれますが、けっこう盛大な将棋倒しになってたので
wktkしつつもその辺のお客さんが心配になってみたり。詩人は異様に嬉しそうでした。
自分はいつも大体スタンディングではセンター狙いだったため
今回初めてはけていくメンバーの後姿を間近に見た気がするのですが
なんかもうすごい勢いで汗かいてますね…。全員背中濡れ放題。
中でも欣ちゃんのスーツが正にお尻の座ってる部分がくっきり変色してるのが印象的でした。
…やっぱり座っててもステージの上って、死ぬほど熱いんだろうなぁ。

終演後に新野さんとそのご母堂とZEPP横のカフェでお話したのですが
その店のBGMにずーとPIONEERSがかかってるのが印象的でした。
ベスト盤やダウビー辺りはたまに他のところでも聴いたことがあるけどPIONEERSて。
スカパラでも一二を争うダークかつ潜行系のこのアルバムをあえて選択するとは
…マニアや。この店の中の人に、マニアがおるでぇ。いいぞもっとやれ(*´Д`)ノシ
中の人の深遠なチョイスに唸りつつも、やっぱり外でピーチ姫を聞くとちょっと笑ってしまいます。
そして帰りに露天のおっちゃんに売れ残りのたこ焼きを貰って帰りました。
福岡旅から自分、チマチマした幸せが続いている模様です。

何ていうか、今回のライブは徹頭徹尾楽しかったなぁ。
いや。この前行った大猫も楽しかったんだけど、スカパラ自体じゃなくて自分の心情的な問題で
夏以降抜き差しがたくあったラスト薄い膜のようなものがまだ破れてない感じがあったんだよね…。
ただ単に時期が来たのか、冷兄の国に来たという信者的な高揚感の後押しの所為かは判らないけど
ここにきてようやくちゃんと一山越えられたような気がします。…本当に長かったよ。

去年の夏に日比谷で見たスカパラは発表二日目だったこともあって
「明らかに欠けた部分を必死で埋めようとしている」という、どうしても10−1な構図で
ものすごく負荷のかかって軋むような、熱を持つ痛々しい印象があったんだけど
今のスカパラはもう、この9人で十全の世界を構築出来るようになりつつあるんだな…と。
冷兄の持つザラついた熱さと緊張感の代わりに、もっと丸く全方位的になったというか
なんていうか聴く人全員に笑顔で「来いよ」と手を伸ばしてくれるような近さを感じました。
彼の人が居ないことは今でも寂しいし、近い未来での復帰を何の根拠もなく待っているのですが
自分は今の9人のスカパラの持つ空気もすごく好きだから、これからもライブに行きまくり
微妙に偏ったレポを生産しようと思います(*´・ω・`*)

で、これは全く本題と関係ないですがせっかく久々に描いたのでうpしてみました。
クリックで管理人のボミョウな絵が出て来る上に牛コスの為、同人的なものが嫌いな人はスルーしてください。
JUGEMテーマ:音楽


続きを読む >>
2009.05.05 Tuesday 01:23 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(5) | trackbacks(0)

第一回 よりぬきひややさん開催レポ

先日ようやくレポートから解放されたので、今さら大猫前の四方山話をうpしてみます。
無駄に長い単なる「冷牟田さんが好きです」文で本当に恐縮ですが、すみません(*´・ω・`*)

えー、この日はサプライズありました。北原先生とエンカウントです。
今回は新野さんと参戦がてら上映会でも…ということで2時に心斎橋で待ち合わせて
いつもはまぁ開場一時間前ぐらいに現地入りなので、ちょっと早いかしら…と
アメ村をブラブラ歩いていたところ、正に大猫前にて前から北原先生が歩いてきたわけです。
あの付近は普段から不思議な格好をした人がよく歩いているのですが
なんかもう、その中をごく普通ーに歩いてきましたね…。
上下黒の動きやすそうな服にtpのケースで、あまりに風景に溶け込んでいたので
「え?あれ??もしや北原先生!?」とちょっとウロが出来てしまいました。
結局再起動した時には「ちょ、前!!北原先生居とる!!なぁ、なぁてちょっと!!」
と順列めちゃくちゃに新野さんに訴えながら大阪のおばちゃんの如くバシバシしばきまくってしまったのですが
もうこれは、思い出すだに申し訳なく恥ずかしいですね。新野さんごめんなさい(*´・ω・`*)
ていうか、恐ろしいことにそのままのテンションで北原先生に凸してしまいました。止まれよ自分。
テンション怪しいピザが走り寄って「あのうっ、きょう。みますコフー((((゚д゚;))))」とか嫌すぐるだろorz
あと、北原先生の声は地声でした。「ああ、…うん」ぐらいの短いやり取りでしたが
いつものハイトーンで脳内固定されてるので、なんていうか、地声だと随分印象が変わって
すごい不思議な感じがしましたね…。この日はライブMCも地声で、自分は初めて見たので
「たまたまなのかしら。それとも体調が何か…」と要らん気をもんだ記憶があります。
その後新野さんはご母堂に、自分はMyrrhaさんにと身近な北原先生スキーの方に携帯で報告。
遠くても「見ましたぞ報告」が出来る人が居るっていうのが無性に嬉しかったです。
スカパラは名前ぐらいしか認知してない身内じゃこのwktkは絶対に判ってもらえないもの。
二年前にはこんな展開はまるで予想していなかったよ…。ネットってすごいなぁ(*´∀`*)

で、北原先生にテンション上がった勢いで「他のメンバーの方もその辺に居ないかしら?」と
色めき立ち、とりあえず加藤さん捕獲作戦を展開するべく新野さんの案内でロックなお店へ。
店のあちこちに「あら、これ冷兄が着てたやつじゃなくて(*゚д゚*)?」なTシャツが散見されて
マジでロックなお店ktkrとwktkしながらパラパラハンガーをめくってると
冷兄がさいたまで着てた例のアッーなTシャツ(微妙に色違い)を発見しました。
ちょwww間近に見ると余計やべぇよこれ!!これでインタビュー写真撮りまくったの冷兄…。
これはもう漢以外の何者でもない。自分はWP付近の記事やら映像を見るたび
「もうこれ、着てみようとした経緯と初見のメンバーの反応がめちゃめちゃ気になるんですけど。
メンバーは止めなかったのかしら。ていうか止められなかったんだろうな…。
ていうかこれ、洗濯するの奥さんなんか色々複雑だろうなぁ」と
やたら「ていうか」を多用した文章で要らん事ばかり考えてしまいます。
お値段はアバウト五千円也。いつもより奮発すればいけるか…?という微妙な値段設定に一冷儲として
「思ったよりは高くないか…。冷兄のロケンローラー魂に準じる為に一丁着てみるべきかしら」と悩んだのですが
いかんせん実家暮らしで性に保守的な両親(共に六十越え)にはあまりにも刺激の強すぎる絵柄のため
こんなもん洗濯に出したら即家族会議勃発だよ…という現実的な問題の前に泣く泣く断念しました。
いつの世も、ロックな生き様と家庭の平和は相容れないものです(´・ω・`)
そんなわけで埋め合わせに新野さんのアドバイスで冷兄が肌身離さず着けてるという腕輪を購入。
基本的に厨時代はライトファンタジーヲタだった名残で、脳内では密かに

bondo は ロックな皮の腕輪を手に入れた!!
「ロケンローラーのきもち」が1 「冷兄に対する燃え」が3 あがった!! ♪テーレッテレー

みたいな果てしなくベタなステータス画面が展開されてました。
…なんかね、腕輪ひとつで強くなった気がするのですよ。四捨五入でもう30だというのに
精神構造がヤクザ映画見終わって必要以上に肩で風切ってるいきったお兄さんとか
修学旅行で木刀買って浮かれてる田舎中学男子と変わりゃしないというね(*´・ω・`*)
新野さんもオサレな南京錠を購入。やっぱり店を出てすぐ装備してお互いロック濃度を上げながら
スカパラでコスプレなんかいいですよねーてな話で盛り上がりました。
以前から色々ライブに行っては「モノトーンのSKAスーツとか一着持ってたらかっこいいんじゃね!?」
と憧れてたので、その手の話題には全力で食いついてしまいます。
あー。自分は非常に恐れ多いけどやるとしたら髪を坊主にして後期の冷兄になりたいかなぁ(*´∀`*)
やっぱりクロムハーツのペンダントと白のドクターマーチン必須だよね。あと髭どうしよ。
サングラスはやっぱ2千円のじゃ駄目だろうなぁ…と結構マジになって考え込んでしまったり。
専らライブはTシャツ参戦なんで、用意しても披露する当ては正直あまりないんだけど
いい年して軽くなりきり属性持ちな自分にはかなり魅力的な妄想でした。

その後アメ横をブラブラ流して、会場近くのネカフェでかねてよりやりたかった上映会を開催。
とりあえず3時間予定で布陣はスカエヴァ、デカメロンプレ最終回、15周年、横アリ。
お互い冷ファンのため、上映前から「冷牟田さん、ああ冷牟田さん冷牟田さん」状態になることは
火を見るより明らかだったので、当初は「まぁ3時間はあるし」と余裕こいてたのですが
見ての通りこのDVDらは曲目が相当捨てがたく、後半一時間はどこをより抜くか相当迷いました。
以下、選り抜きひややさんの感想(というか個人的な萌え燃えポイント)が無駄に長く列挙されます。

・スカエヴァ
とりあえずトップバッターにスカエヴァを選択。
自分は勝手にこのDVDを冷兄の髪型で前半後半に分けているのですが
前半はとにかくabracadaburaの鏡前で踊るホーンズ+ルイのシーンがもう無性に可愛い。全員可愛い(*´∀`*)
あんまり可愛すぎて冷兄のジーンズが折り返しなことにすら萌え狂う始末です。
あと自分が好きなのは誕生日祝い北原先生のシーンなのですが、あれはもう…。
1年前とはいえいい年のオサーンsがハッピーバースデー歌ってケーキプレゼントとか、なにそれ(*´Д`)
これも全員可愛いのですが、チーズケーキを手に「40じゃねーよww」と嬉しがる北原先生と
それを後ろから素な感じの笑顔で見守りつつ拍手してる冷兄がもうほのぼのたまりません。
やっぱり最年長二人は気のせいか独特の雰囲気がありますね…。
メンバーを一言で言い表すシーンで北原先生が冷兄を「頑張り屋さん」と表現してるところとか
正にこう、気負い無く見守る視線というか愛を感じてしまいます。
で、後半は自分の希望で仁義〜スキャラバンを通しで見ることに。
インセプでとにかく無心に手を振ってる冷兄の左手の微妙な固まり加減と
丈の短い服で伸び上がったためにチラリズムな白いシャツとベルトが素敵です(*´∀`*)
この、マオカラーで前全閉じな冷兄のスーツ姿は異色だけど自分はすごく好きです。
全体のシルエットが一直線で、それがなんか寝巻きみたいで幼く見えるのがアンバランスで可愛いとか
その昔隙あらば裸ベストで走り回ってたやんちゃな若冷兄を髣髴とさせるからとか、まぁそんな感じです。

・デカメロン22話
それにしてもメロン日和の冷兄の無言の佇みにはいつ見てもキュンときてしまいます。
自分は「あたし、笛を吹くわ!!(`・ω・´)」の力づくな流れがめちゃめちゃ好きなんだけど
あのすごい勢い怒られてる冷兄の所在無げに下を向いて拗ねた猫みたいな目の表情と
モスグリーンのシャツを同系のズボンでINというおじいちゃんみたいな出で立ちと
注目が微妙にそれたタイミングでそーっと去っていく背中の哀愁が本当にもうやばい。いつ見てもやばい。
ていうかコントとはいえ怒られてる冷兄って相当レアだよなぁ…。いいものみたなぁ(*´Д`)
でも腹筋をする青ちゃんの微妙に硬い感じの生真面目な動きも好きだ。腹筋をする酒屋。
あと、「もう死んだんだよ!」な坊主オッキーも笑顔なのにちょっとにじみ出る狂った感がいい。
そういえばオッキー、音曲では山伏だか修験者だかそんな感じの人だったな…。無駄に似合う。

・15周年
インセプといえば冷儲的にどうしてもアルトソロに注目してしまうのですが、ライブでインセプだと
…ええ。正に瀕死なわけです。俗に言う「HPが黄色」の状態。
CDより1,5倍は展開が速い全くアルトにやさしくない仕様なので仕方ないですが
詩人のMCを総シカトして体力回復してるところがカメラに抜かれててちょっと苦笑してしまったり。
この曲、ライブ頭とは言わないけど前半の方で一度見てみたかったな…。といつも考えてしまいます。

・横アリ
これはBOGGIESとROSIEがね…。大筋では心底かっこいいと思うし純粋に大好きな曲なんだけど
あの日本語なのにもはや半分ヒヤムタ語にしか聞こえないアジがたまらんのですよ。
時々出先を間違ったのか、冒頭に空白が出来てたり次のアジが圧縮されたり
さりげなーく(でもないか)スキップされてたりするのがたまらんのですよ。
そんで、あの大舞台でいきなり歌詞に詰まって一瞬黙り込むところがたまらんのですよ(*´Д`)
そこまでは上々にドスの利いて、チバ氏とがっつり絡んでいたりして本気で燃えるシーンなだけに
「うわぁやっぱり一分の隙が出来てしまうのは宿命なんだなぁ…」と
なんかこう、半笑いが止まらなくなってしまいます。ほんのささいな事なんだけど
自分は冷兄のこういう瞬間にものすごく弱いです。大好きです(*´・ω・`*)

あと、本当はラストにPFツアー最終のギター兄弟プチ神輿を持ってこようと思ったのですが
DVD−RAMのせいかCPRM仕様のせいかPCでは再生できず涙を呑みました。
あのプチ神輿はでも本当よかったなぁ…。ホーンズ神輿を振り切ってまで冷兄に走り寄る
嬉しそうな加藤さんと、それをやっぱりちょっと嬉しそうに迎え撃つ冷兄がね…(*´Д`)
お互い家では何度も巻き戻して見ていたシーンだけに共有できなかったのは残念しきりです。

てなわけで「ドキッ!!ひややだらけの上映会」は無事幕を閉じました。お腹いっぱいです。
自分はかねてより、人はなぜ連れ立って映画を見に行くのかがよく分からなかったのですが
そうかこれだったのかとこの日心から腑に落ちました。
単純に、好きなものを同好の士の方と共有するとひたすら楽しいって事を今さら痛感するなんて
文字にすると恐ろしく馬鹿みたいですが、正にそんな感じです。
新野さんとはお互い見ているポイントがかなり近くて「(作品名)の(曲名)がさぁ…」
という前フリだけで言わんとした事がほぼ通じるのがすごい嬉しくて気持ちよくて
「ああ。…新野さんを家に連れ帰って一日ひやや耐久レース強行してぇ。部屋さえきれいならなぁ」と
ものすごく危険なことを考えてたのは秘密です。新野さんごめんなさい(*´・ω・`*)
JUGEMテーマ:日記・一般


2009.04.05 Sunday 22:44 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(2) | trackbacks(0)

生誕祭!!

今日は冷兄の47回目の誕生日ですね。本当に、本当におめでとうございます(*´∀`)

冷兄からスカパラにはまって何ともう3年あまりが経ってしまいました。
なんか、なんていうか夏の事変から最近まで正直どこかずっと茫然としっぱなだったので
「早いなぁ…」としつつもやっぱりageカテゴリ一1曲目は
ガンスリフィルム〜テキーラのギター兄弟コンボのままだし
未だに映像観たり冷兄の絵を描く時は無駄にモジモジしまくったりで
どうしても冷兄が一番好きです(*´・ω・`*)
自分はしがないダメ人間ですが、今まで冷兄にもらった燃えと萌えを思うと、やっぱりどうしても
もしも足が治って、冷兄が納得いく形で帰って来てくれるなら
その時には、ちゃんと前向いて抜かりなく駆け付けられるようにしようと
その気持ちを支えに、ダメなりの矜持を持って生きて行こうと思ってしまいます。
ここまで来るとなんかもう、存在自体がお天道様みたいなもんで
DISCOを聴く度に「正に冷兄が自分のシャイニンビーナスなんだよなぁ…」と感慨に耽ってしまいますね…。
ただの1ファンとして今は「穏やかな幸せ」を祈るだけしかできないのが歯がゆいですが
本当に心からそれだけを祈っています。冷兄大好き。

そして、自分にも沢山の祝福の気持ちと素敵なものをありがとうございました。自分は正に幸せ者です(*´Д`*)
『これも皆、冷兄が導いてくれたSKA友さんなんだよなあ…。しかも今日JUSTA TVだし』
とか思うと、もう本当全方向に感謝の気持ちでいっぱいです。
実はまた性懲りもなくボミョウな絵をwktkうpしようと思ってたのですが
何故かPCがどう足掻いてもネットに繋がらずで
正に「うわあああぁぁ(AA略)」な状態ですが、今日は本当にありがとうございました。
バレンタイン?そんなものは見えやしねー(゚Д゚)、
2009.02.14 Saturday 21:47 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(2) | trackbacks(0)

MUSICA再び

newアルバムリリース前につき、MUSICAのインタビューを読んでました。

PFツアーでの、強固に鎧っていたものを取っ払ったような冷兄と
去年の日比谷でのメンバーの姿、特に終始目を赤くして誤魔化しきれないぐらい涙声になってた詩人と
傍目にも張り詰めて張り詰めてギターを一心不乱に弾いてた加藤の様子を思い出して
「ああ、やっぱり冷兄が脱退したのは突然の話だったんだ。
冷兄自身も、ツアーが終わるまではどうしても確証がつかなかったんだろうな」と改めて腑に落ちました。

それにしても加藤は前に見たオフィでの写真にも増して脱退直前の冷兄にそっくりになってきたなぁ。
いや、むしろあのときの冷兄が加藤に近くなってたのか…。
やっぱり(片方は兼任とはいえ)ギタリスト同士だし、ずっと部屋も一緒だった二人だから
一層色々思うところがあったんだろうな…。と取りとめもなく考えてしまいました。
PFツアーでの異例とも思えるような絡みっぷりと、心底嬉しそうな加藤の姿が脳裏に焼きついてるだけに
無理に気負いすぎたりはしないで欲しいけど、どうにか頑張って欲しい。と願ってしまいます。

「冷牟田さんには絶対カムバックしてもらう気持ちはあるから
僕らは僕らでちゃんと頑張りますっていうとこを冷牟田さんに聴いてもらいたい」

それにしてもすごく真っ直ぐな、詩人らしい言葉ですよね。
なんかもう、正直これだけでもMUSICA買ってよかったと思いました。感無量です。
自分だって脱退した日からずっと、冷兄はいつか絶対帰ってくると思ってはいたのですが
あくまでも一ファンの希望的観測と言うか、むしろ「もう帰ってこない。二度と会えない」
と考えてしまうと、正に今駄目になってしまいそうなんで無理やり信じている部分がある
…と言う自覚もあったので、ずっと傍にいたメンバーにこういう風に伝えてもらえると
やっぱり嬉しいですね。「よーしこうしちゃいられねぇぜ!!俺、体力つけて仕事見つけて
いつか冷兄に胸を張って会えるように頑張るんだ!!」とつい鼻息が荒くなってしまいます。
詩人ありがとう。まさに寂しかった僕の心に薔薇が咲いたよ(*´・ω・`*)
でも、今回のネクタイは正直ないわぁorz
スカパラ登場のブックレットでの彼が「二本ネクタイ締めてウィンクそして胸元に札束」
グランプリのブックレットの彼が「曰く言い難いフリンジ満載の白い胸開きシャツ」
だったことを思えば、まぁこれも一種の原点回帰…かな。と思えなくも無いのですが
やっぱり遠目に見るとどうしても「胸元に昆布吊るた変な人が居とるΣ(゚д゚;)」みたいな。
…生でみたら意外とかっこよかったりするのかしら。

自分は正直な話冷儲なので、脱退直後からずっと付きまとう
「9人のスカパラを自分はちゃんと泣かずに聴けるんだろうか」という不安や
「いや、冷兄の残したスカパラをどうしても見届けなければ」みたいな変な義務感にも近い気負いの
なんというか、最後の一片がなかなか吹っ切れなかったのですが
この記事を読んで、嘘偽りなくnewアルバムが楽しみになってきました。
今はただ、この青く輝くスーツでの9人を出来るだけ多く目に焼き付けたい気持ちです。

JUGEMテーマ:音楽

2009.01.24 Saturday 17:56 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(3) | trackbacks(0)

カテゴリー、スカパラなのかつれづれにするべきかかなり迷った記事。

JUGEMテーマ:日記・一般
 どうでもいい話で恐縮ですが、マザー2はじめました。
1のあんまりの一人旅寂しさととりとめなさに、やっぱり2からやってみようかなーと…。

名前はぼく:ヒヤムー、女の子:キタ、お友達1:カト、お友達2:ヤナーカです。ひねりなし。
そんで、好きな食べ物はカレーにしました(*´・ω・`*)
前に北原先生が洒落抜きで旨そうなカレーのCMやってたし、オッキーがカレー好きだし
何よりダウビー辺りの合宿で「冷牟田さんがカレー作ってくれて、それがめちゃめちゃ旨かった」
しかもさりげなくナゴさんに「(違う種類のカレールーを)混ぜると旨いんだよ」
と軽く家庭的な薀蓄を傾けていたと言う話がすごい好きで、なんかスカパラ=カレーだろうと。
あと「かっこいいもの」にうかうか「ツインギター」と入力したら
それが必殺技の名前になってしまい少しボミョウな気持ちになりました。
必殺技ツインギター!!て。何だよ意味判んないだろそれorz
いやストレートに「あかいバラ」にするよりはまだよかったと言えばよかったんだけどさ…。
多分6文字入力だったんでかなり限られてくるけど、好きな曲かなんかにすればよかったな
例えば「はなふぶき」「ながれぼし」「エンブレム」「TABOO」「エレキ」辺りならまだ何とか
…いや、エレキあたりも微妙さで言えばツインギターと大して変わらないかorz
まぁそんな感じでまたゲームをスカパラ色に染めながらお猿になっております。
ようやくキタちゃんが仲間になったので、ぬいぐるみ連れの二人旅中ですが
次の町で多分カトが仲間になってくれるはずなので楽しみこの上なし。
町中なんかゾンビのような不吉なムード漂ってるけどキニシナイ(;゚3゚)

てなわけで朝からマザー2やってドロドロ寝てマザー2やってドロドロ寝てたりで
なんかもう連休最終日を無駄に過ごしつつようやくPC前に参上しました。
これではあまりにもだめ人間に過ぎるので、今そんな自分に活を入れるべく
MDのageカテゴリーにて念願の冷兄オンステージ開催中です。
…一ヶ月ぶりだよ。やっぱりかっこいいよ大好きだよ冷兄(*´Д`)
ageオープニングをガンスリフィルム→テキーラのギター兄弟コンボに設定するのは
スカパラにはまった三年前から、使う機材が変わってもずっと不動です。
やっぱりねぇ、気合が入るもの。ここは譲れない。

で、今丁度レフト犬聴いてます  「全くその通り!!」


ps
たまたま携帯から自分のブログを見たら、リンクしてあったチラシの裏(リアルタイム)が
反映されてなかったので、ちょっと設定変えて見えるようにしました。
ブログ以上にどうでもいい話しか書いてないですが、まぁ生存報告代わりに。
2008.12.23 Tuesday 18:47 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(0) | trackbacks(0)

ハロウィンわっしょい(*´・ω・`*)

ものすごく一ヶ月経過してるorz
変に仕事が忙しかったし体力なさ過ぎるしで、帰ってきたら砂になってることが多かったから
まぁこんなもんか。スカパラのライブも無いしさ。
体力つけないといけないんだけど体力をつけるための体力すらないこの悪循環orz

12月、せめて27日なら半日休んで新幹飛ばしてでも見に行くんだけどなぁ…。
日比谷はなんかもう、終わった時点でほぼ記憶がなかったから欠乏気味だよ。
行ったからこそある程度吹っ切れたんだし、当時の自分もやるだけはやったと思うんだけど
やっぱり「冷兄のためにもスカパラのためにも、意地でもへこんだそぶりは見せられない」みたいに
相当負荷がかかった状態だったので、ちょっとどうにもならなかった。
難しいけど、今ならもうちょっとフラットな気持で見られるんだろうか。
…あー、冷兄今何してんのかなぁ。
まぁ自分はもう性懲りもなく神社で健康を祈るぐらいしか出来ないんだけどさ。
2月、ちょっとでも顔出してくれないかなーなんて贅沢はもう言わないから
とにかく元気で笑って居て欲しいよ。今もうそれだけ。

でまぁ、それとは関係ないんだけどそろそろハロウィンなのでちょっと絵を描いてました。
去年はギター兄弟でお菓子大漁旗な絵だったので、今回はアダルト部門で攻めてみようかと。
続きを読むと管理人のボミョウな絵が出てきます(*´・ω・`*)
JUGEMテーマ:日記・一般

 
続きを読む >>
2008.10.26 Sunday 22:32 | 東京スカパラダイスオーケストラ | comments(0) | trackbacks(0)